医療関係には資格が必要で、事務にも存在する

新着情報

医者

人が病気や怪我をすると、医療機関へと足を運びます。
医療機関では、病気や怪我の治療を行う事ができるのです。

医療機関の中でも、代表的な仕事が医師です。
医師の資格を取得するには、医科大学か大学の医学部を卒業し医師国家試験に合格しなければなりません。

医師の職場は幅広く存在し、一般的な病院勤務や開業医というケースもあります。
また、研究機関や司法解剖などを行う法医学者になる事も可能です。

看護師

kangosi

医師と同様に、医療関係の中でも代表的な仕事が看護師です。
看護師は、更生労働者が行う国家試験に合格すれば資格を得る事ができます。

看護師が活躍する場所は、各種医療機関や保健施設と様々あります。
また、看護師は資格を所持していれば全国のどんな地域でも働く事が可能です。
その為、結婚等が理由で地方へ渡っても、比較的簡単に仕事を見つける事ができます。
また、子育てが終了してからの再就職先も見つけやすいです。

理学療法士

rigakuryouhousi

医療では、病気、交通事故、老化、労働災害等により、身体に障害を持った人の機能の回復も行います。
これを行うのが、理学療法士です。
理学療法士は、運動療法や物理療法を用いて機能の回復を目指します。

理学療法士になるには、国が指定した養成学校で3年以上通い、技能を習得した後に国家試験に合格しなければならないです。
近年の社会は、高齢化が進んでいます。
その為、介護施設やリハビリセンターで働く理学療法士は、今後も需要が多い資格の一つなのです。